生と死

私たちが、より大きな視点で生と死をとらえれば、死に往くこととは服を着替えるようなものです。この体が古くなり役に立たなくなると、私たちは死を迎え新しい体を身につけます。新鮮で、健康で、エネルギーに満ち溢れているのです。そのように死を見ればそれほど辛く感じる必要はありません。ダライ・ラマ法王はこのように教えられています。
————–
When we look at life and death from a broader perspective, dying is just like changing our clothes! When this body becomes old and useless, we die and take on a new body, which is fresh, healthy and full of energy! Thus we do not need to feel so bad, teaches His Holiness the Dalai Lama.

Be the first to comment

コメントを残す