一年のうち手の施しようがない日が2日だけあります。ひとつは「昨日」と呼ばれる日、もうひとつは「明日」と呼ばれる日です。「今日」という日こそ、愛し、信じ、何かすることができる日、何よりも、生きることができる日なのです。

There are only two days in the year that nothing can be done. One is called yesterday and the other is called tomorrow. Today is the right day to love, to believe, to do, and mostly to live.