嫉妬とは、私たちを内側から蝕むがんのようです。多くの場合その動機は隠されていますが、なにか、他者を自分より低く置くことによって、力を得ると感じるようです。それは何らかの限られたメリットはあるかもしれませんが、全体としては、他者を犠牲にして自分自身の価値を測ることによって、不安定感をさらに大きくするのです。嫉妬と、その害を認識することで、すでに戦いの半分は終わっています。それを手放しやすくなります。嫉妬はもはや役に立たない、だから手放しましょう。感謝を育み、幸せになるのです。

Jealousy is like a cancer that eats us from inside. Its motivation is often hidden, but somehow feels empowering by putting others down. While this may have some limited benefit, overall it feeds insecurity by measuring our own worth at the expense of another. Recognizing jealousy and its harm is half the battle. Liberating it becomes easier. Let it go, as it is no longer useful. Cultivate appreciation and be happy.