私たち自身の変化や世界の変化とは、急いで起こせるものではありません。それは時間がかかるものなのです。だからといって、私たちが努力をしなければ、まったく何も起こらないでしょう。変化とは、政府や国連による決断があるから起きるのではありません。真の変化というのは、ひとりひとりが、あらゆる人間の倫理的な体系、科学的知見、常識の中心にある価値観を指針として、自分自身を変容するときに起こるのです。

Change in ourselves and the world may not take place in a hurry; it will take time. But if we don’t make an effort, nothing will happen at all. Change will not take place because of decisions taken by governments or the UN. Real change will take place when individuals transform themselves guided by the values that lie at the core of all human ethical systems, scientific findings, and common sense.