自己中心的な態度が多すぎると、他者に不信と疑念を生み出します。それは恐れにつながり、そして暴力にもつながります。しかし、自分がさらに心を開き、そして他者の幸せや健康を思いやる心を育むなら、そのときには、たとえ他者がどのような態度をとるとしても、自分自身の内なる平安が保てるのです。

Too much of a self-centered attitude creates mistrust and suspicion towards others. This leads to fear, and then violence. But if you have more of an open mind, and you cultivate a sense of concern for others’ well-being, then, no matter what others’ attitudes are, you can keep your inner peace.