慈悲を実践し、他者をいつくしみ大切にして問題を共有するということは、有意義な人生を送るための土台をつくります。それは個人や家族、地域社会のレベルではもちろんですが、さらに人類全体にとってもそうなのです。

Practicing compassion, caring for others and sharing their problems, lays the foundation for a meaningful life, not only at the level of the individual, family or community, but also for humanity as a whole.