怒りや憎しみの感覚は、不平不満で乱れた心から生まれます。ですから、内なる充足感を高めるようつねに努力することによって、さらに優しさと慈悲を育むことによって、そうした場合に対処できる準備ができるのです。これが、一定の心の穏やかさをもたらし、そもそも怒りが生じることを防ぐ助けとなるのです。

Feelings of anger and hatred arise from a mind that is troubled by dissatisfaction and discontent. So you can prepare to deal with such occasions by constantly working to build inner contentment and by cultivating kindness and compassion. This brings about a certain calmness of mind that can help prevent anger from arising in the first place.