慈悲について話すとき、自分自身のことをまったく度外視する、あるいは自分の利益関心を犠牲にすることさえ伴うという考えの人がいるように思います。実はそうではありません。心からの純粋な愛は、実際まずは自分自身に向けられるべきなのです。もし私たちが自分自身を愛さなければ、どうやって人を愛すことができるでしょう?それはまず自分自身から始まるのです。それが外に向かって輝きを放つのです。

—————————

It seems that when some people talk of compassion, they have the notion that it entails a total disregard or even a sacrificing of one’s own interests. This is not the case. In fact, genuine love should first be directed at oneself – if we do not love ourselves, how can we love others? It all starts at home, and then radiates out.