私たち自身の苦しみの経験は、自分だけでなく、他のすべての人も耐え忍んでいることが何なのか思い出させてくれます。そうである限り、苦しみは、私たちが慈悲を実践するため、そして、さらなる痛みを引き起こすことを避けるための力強いインスピレーションとして役立ちます。そして苦しみは、私たちの共感を目覚めさせ、自分と他の人たちとのつながりを生み出します。そうである限り、苦しみは、慈悲と愛が生まれるための基盤として役立つのです。ダライ・ラマ法王の智慧の教えです。

To the extent that our experience of suffering reminds us of what everyone else also endures, it serves as a powerful inspiration to practice compassion and avoid causing others pain. And to the extent that suffering awakens our empathy and causes us to connect with others, it serves as the basis of compassion and love. His Holiness the Dalai Lama teaches this wisdom.