罪悪感とは、ひどくやっかいな歯痛のようなものです。その痛みは、私たちから、エネルギーや熱意、そして喜びを奪います。それは招かれざる客なのですが、しばしば、何年も居座り続けます。そして、このゲストに対して、ここから去るように伝える時が来たのです。

より良く変化する勇気に気づきましょう。これは、あなたに限ったことではありません。あなたの家族、友人、近所の人たち、同僚、そして社会に対しても言えることです。みんなで、幸福に向かって動き出しましょう。

Original English follows.
——————————–
Guilt is like a deep nagging toothache. It robs us of our energy, enthusiasm and joy. It is an uninvited guest, often hanging around for many years. So it is time to tell this guest to leave. Find the courage to change for the better. This is not only for you. It is for your family, friends, neighbors, colleagues, and society. Let’s all move towards wellbeing.