私たちは、自分のなかに様々な葛藤や対立があるとき、そこにどのような相反する立場があるのか、
見分ける方法を学ばなければなりません。

怒りを例に挙げると、怒りがいかに破壊的であるか、まず私たちはそれを知る必要があります。
それと同時に、私たち自身の考えや感情の中にこそ、怒りに立ち向かうことができる解毒剤もある、
ということにも気づく必要があるのです。

ですから、まず怒りがどんなにネガティブであるか理解すること、さらにそこで、ポジティブな考えや感情を強化することによって、 私たちは次第に、自分の中にある怒りや憎しみの力を小さくすることができるのです。

Original English follows.
——————————–
We must learn how to identify the opposing sides in our inner conflicts. Take anger: we need to see how destructive it is and at the same time, realize there are antidotes within our own thoughts and emotions that can counter it. So by understanding how negative it is and then by strengthening our positive thoughts and emotions, we can gradually reduce the force of our anger and hatred.