◆ 2017.11 京都大学緩和医療研究会主催:ケアギバーのための『幸せの処方箋』

2017.11.03

ケアギバーのための『幸せの処方箋』
~マインドフルネス&コンパッションを通して、ウェルビーイングへ~

<主催者より皆様へ>
幸福(ウェルビーイング)とは外側の状況から独立して、内側で心地よく健全だと感じている状態です。

マインドフルネス(気づき)は、私たちの内側で起きていること、とくに思考と感情の側面を観ています。

コンパッション(温かい思いやりの心)は、私たち自身の内面的なあり方を、自己中心的で狭い視点から、他者のニーズを包括した、より広いものの見方を持つよう変えてくれます。

自分自身の思考と感情に気づきを向け、自分と他者への両方にバランスのよい思いやりの心を育む実践は、私たち自身の人生に、意味と喜びをもたらし、困難な状況に向き合う健全な自信を与え、幸福(ウェルビーイング)へといざないます。

今回は、アメリカ人医師であり、チベット仏教僧侶として、30年以上、瞑想実践を続けるバリー・カーズィン先生の指導のもと、具体的な「心の訓練」としての瞑想実践もご一緒に体験して頂けます。
ぜひ貴重な機会にお誘い合わせの上ご参加ください。

*対象
上記テーマにご関心がある方は、ご職業・資格等に関わらずどなたでもご参加できます。
特に、以下のような方々におすすめです。
・医療関係者/心理職者/ケアギバー/教育者/セラピスト/ヒーラーなど人のケアをする方
・家族の介護やケアをしている方
・自分自身をケアし、内なる幸せを大切に生きたい方など

【日時】2017年11月3日(金・祝)13:00-18:00(12:30開場)
【講師】バリー・カーズィン先生 Barry Kerzin, M.D. (日本語通訳つき)
*対談:恒藤 暁 先生(京都大学医学部附属病院)
【場所】京都大学医学部附属病院 臨床第一講堂 
MAP内「臨床講堂」にお越しください
(京都市左京区聖護院川原町54)
【主催】京都大学緩和医療研究会
(協力:ヒューマンバリュー総合研究所・京都マインドフルネスセンター)
【参加費】早割(~9/30)2,500円 / 一般(10/1~)3,000円

【申込】こちらの申込フォーム(Peatix)よりお申込下さい。

※コンビニ・ATMからのお支払いは、前日11/2(木)までの受付となりますのでご注意ください。(当日、11/3の午前0時以降のお申込はクレジットカード・Paypalでのお支払いのみとなります。)
※申込フォームのご利用方法など、ご不明な点・お問い合わせは office@humanvalues.jp までご連絡ください。(メールタイトル「11/3京都」・氏名・メールアドレス・お電話番号をお知らせください。)

講演会チラシ(PDF)20171103京都大学医学部Dr.Barry講演会チラシ

For information in English.

◆タイムスケジュール(予定)
12:30 開場
13:00~14:30  バリー・カーズィン先生の講演
14:45~15:45  バリー・カーズィン先生&恒藤暁先生(京都大学医学部附属病院)対談
15:45~16:15  休憩
16:15~17:00  瞑想実践会(マインドフルネス&コンパッション)
17:00~18:00  質疑応答

【交通アクセス】
・京都駅より 市バス206号系統 近衛通 下車 徒歩3分
・京阪神宮丸太町駅より 徒歩10分
・阪急河原町駅より 市バス201号系統 近衛通 下車 徒歩3分
※ご来場の際は、公共交通機関 (電車・バス等)をご利用ください。(駐車場は、病院に来院の患者様・ご家族を優先いたしますので、公共交通機関での来場にご協力をお願いいたします。)

<プロフィール:バリー・カーズィン>
医師(ダライ・ラマ法王第14世の担当医)、チベット仏教僧侶、ワシントン大学客員教授
一般社団法人ヒューマンバリュー総合研究所所長及び代表理事
医療における利他心研究所(Altruism in Medicine Institute)創立者・代表

ダライ・ラマ法王第14世の担当医であり、チベット仏教の僧侶として、世界各地で、思いやりある生き方の大切さや、人生の意味を伝えている。

日本では2007年より、医師・僧侶の視点から「心の科学」としての仏教の講話や瞑想リトリートなどを実施。「メディテーション(瞑想)」「セルフケアと慈悲」「死に逝く人にどう寄り添うか」「生と死」などをテーマとし、自他ともに真の思いやりを育む生き方、医療・介護関係者や教育者を含めた研修を病院・大学などで行なっている。

※プロフィールの詳細は、こちらをご覧ください。


※ご参加をキャンセルなさる場合は、お支払方法によっては手数料(500円)が発生いたしますのでご了承ください。(詳細はお問い合わせください。)


【研修費に関して】
ヒューマンバリュー総合研究所が主催および協力する研修会においても、チベットの伝統に基づき、医師であり仏教僧侶である講師自身は講演料などの報酬を一切受け取っておりません。研修費は講師の国内外渡航費用および滞在費、開催にかかる経費、教育資料・映像などの開発や製作および活動運営費、また各地(東北地域の被災者の方々など)の継続的なサポートも含む活動を持続的に行なう目的に充てさせて頂いております。少人数でじっくり学ぶタイプの研修が多いため、現在の研修費を設定させて頂いております。皆様のご理解また活動のサステナビリティへのご協力に心より感謝致します。


最新情報をご希望の方は、こちらのメルマガ登録からご登録ください。