メディア掲載情報:文春オンライン「50年後のずばり東京――3・11後に現れた外国人僧侶」

「文春オンライン」にて、2018年2月発行の「文藝春秋」に掲載された記事が読めるようになりました。
Dr. バリー・カーズィン(ヒューマンバリュー総合研究所 所長)が講師を務めた、2017年開催のプログラムやリトリートの詳細な様子のルポルタージュをじっくりと読むことができます。

50年後のずばり東京――3・11後に現れた外国人僧侶 佐々涼子 氏
(前編)なぜアメリカ人僧侶の「瞑想」講座はビジネスマンに人気なのか
(後編)外国人僧侶が説く、「人生はメンドクサーイ」というブッダの教え

現代日本の抱える終末医療や宗教に関する問題提起をはじめ、Dr.バリーのティーチングの内容や、瞑想の科学的効果なども紹介されています。


最新情報をご希望の方は、こちらのメルマガ登録よりご登録ください。

Dr. バリー・カーズィン 来日スケジュールは、こちらをご覧ください。