習慣を変える

あなた自身に、親切でいましょう。あなたは、親切を受け取る価値があるのです。
他者を愛することは「ホーム」から、つまり自分自身をまず愛することから始まります。ですので、あなた自身を愛しましょう。

あなた自身に、やさしくしましょう。あなた自身に、休息を与えましょう。
あなた自身を、大目に見てあげましょう。

十分にできないと自分の価値を下げてしまうことが、慢性的な習慣になっている、ただそれだけです。こういった慢性的な習慣があるなら、それを直に真正面から見つめて、こう言うことができます。
「もう十分です。これ以上、私はあなた(慢性的な習慣)を必要としません。」
「あなたは、私にとって良いものではなく、私の心・マインド・スピリット・身体にも良いものではありません。」
「ですので、どうぞ散歩に出かけてください。そして戻ってこないでください。」

習慣を変容することは簡単なことではありませんが、もし、私たちが変容しようと決意さえすれば、それは一歩一歩達成することが可能です。ですので、あなた自身が、変えるとコミットしましょう。タバコも、身体的な依存症がありながらも吸うのを止めた(禁煙に成功した)という人はたくさんいます。あなたもまた、自分にとって機能不全に陥っている習慣を断つことができるのです。

Be kind to yourself. You deserve it. Loving others starts at home. So love yourself. Be gentle with yourself. Give yourself a break. Give yourself some slack. Degrading ourselves for not being good enough is a chronic habit, nothing more than that. We can look at this chronic habit directly in the eyes and say, “no more, I don’t need you anymore.” “You’re not good for me, not good for my heart, my mind, my spirit, or my body.” “So take a walk, and don’t come back.” Changing habits is not easy, but it can be done, step-by-step, if we are committed to change. So make this commitment to yourself. Many people have stopped smoking even when there is a physical addiction. You can break a dysfunctional habit as well. Emaho!