Media: 「ダライ・ラマ法王の医師が助けにきてくれた!」ピッツバーグ・ポスト・ガゼット

The Dalai Lama’s doctor has come to help
ダライ・ラマ法王の医師が助けにきてくれた!
2018年5月7日ニュース記事
ピッツバーグ・ポスト・ガゼットPittsburgh Post Gazette

ダライ・ラマ法王14世の担当医師であり、アメリカ出身の仏教僧であるDr. バリー・カーズィン(Barry Kerzin)は、コンパッション(慈悲)というメッセージを携えて、今週、ピッツバーグを訪れている。

ダウンタウンのオムニ・ウィリアム・ペンにて金曜に行われたインタビューの間、Dr. バリーはこう話している。「私は、セルフ・コンパッションという言葉も付け加えたいと思います。なぜならば、もしも私たちが自分自身について良い感じを持てないとしたら、また、安心や安全や幸せを感じていなかったり、不安や恐れがある状態だとしたら、他者にコンパッション(慈悲)を向けることや実践することが、たいへん難しいからです。」

「そのようなときにもなお、私たちはコンパッション(慈悲)を実践することもできるのですが、それほど効果的ではないのです」と続けた。つまり、他者を助けるために、より調和がとれ、かつ健康で、安全、安心な、そして喜びに満ちたものになる、という考えだ。

UPMA(ピッツバーグ大学医療センター/University of Pittsburgh Medical Center)は、UPMAに所属する、心理的に疲弊する仕事でもあるヘルスケアの専門家(医療従事者)たちに、Dr. バリーの知識を共有してもらうため彼を招聘した。Dr. バリーは、米国Altruism in Medicine Instituteの創設者かつ代表であり、新たに刊行される書籍 No Fear, No Death: The Transformative Power of Compassion. の著者でもある。彼は、土曜の10時15分にホームステッド・ウォーターフロントにあるバーンズ&ノーブルでのサイン会にも登壇する予定だ。

医師、看護師、救命救急士、教師、その他トラウマに取り組む人々とのDr. バリーの活動は、バーンアウト(燃え尽き)を防ぎ、かつ蓄積したストレスに健康的な方法で対処することを目的としている。

「Dr. バリーをピッツバーグに再び招聘した多くの理由のうちのひとつは、エンパシー(共感)とコンパッション(慈悲)の違いを理解できるようになること、そして、この複雑な世界で、人生のストレスに対処する方法と、人々の痛みに対処する方法を学ぶことが、ヘルスケアを提供する医療従事者側にとって重要であると考えるからです。」と、UPMC Health Plan にて広報ディレクターを務めるGina Pferdehirt氏は話した。

「このようなスキルの多くは、ビジネスの分野でも同様に応用できます。」

今回の訪問の期間中Dr. バリーは、金曜にマンチェスターのManchester Craftsman’s Guildにて、Bill Strickland氏とともにワークショップを行い、そして、水曜の午前8~10時にはダウンタウンのフェアモント・ピッツバーグホテルにて、ビジネス分野の人々に向けてマインドフルネスについてのプログラムも行う予定だ。

「私たちは、UPMCの7,000人の看護師がトレーニングを受けるプログラムを開催し、今年は1,000人の看護師に、コンパッション(慈悲)、レジリエンス、そしてマインドフルネスについてのトレーニングを行っています。」と彼は言う。

マインドフルネスは、自分自身を弱め自ら価値を下げてしまうのを防ぐことに役立つ。マインドフルネスは、内面を観て、自分自身についてネガティブな考えに陥っているときにそれを認識する方法のひとつなのだ。
「マインドフルネスを行う方法のひとつが、メディテーション(瞑想)です」とDr. バリーは言う。

「とくに看護師や、大部分の医師は圧倒されているように感じる、と私は考えます」とDr. バリーは言った。「医師や看護師は身体的な病気を抱える人々に対処しようとし、しばしば、困難な情動反応(感情的・心理的な反応)へと変換します。」と話す。「そこには、たくさんのネガティブな要素が存在するため、人々は怒り、恐れ、そして被害者意識を感じる場合があるのです。」

共感的でいるようにと教えられ続けてきた医療従事者たちは、患者の痛みや不安を感じている。「こういったことは日々積もり積もっていき、バーンアウト、うつ、薬物やアルコールや人間関係の問題、そして自死さえも引き起こします。・・・医療従事者の人々は、統計によると一般的な人々よりも自殺率が高いのです。」と、Dr. バリーは話した。
Dr. バリーのプログラムでは医療従事者に、エンパシー(共感)を超えてコンパッション(慈悲)へ向かうことを教えている。「しかし、心を閉ざすのではないのです」と、彼は強調する。「私たちは、他者の痛みをただ取り入れたり、自分のものにしてしまうのではなく、その代わりにコンパッション(慈悲)を実践するのです。」

カリフォルニアのハリウッドで生まれ、改革派のユダヤ人家庭に育ったDr. バリーは今もなお文化的にユダヤ人であることを感じている。しかし、彼の精神に響いたのは仏教哲学だったのだ。

「家族では、神のことはあまり話しませんでしたが、大祭日(High Holy Days)には寺院に行っていました。」と、彼は思い返す。「私を仏教に惹きつけたのは、その人生哲学です。その人生哲学が、私に語りかけてきたのです」と話した。

Dr. バリーの仏教への道は、彼が小学校の時から生涯にわたって持ち続けている、「私はいったいここで何をしているのか?」という、質問とともに始まった。

Dr. バリーは、1988年からダライ・ラマ法王の居住地であり本拠地でもある、インド北部・ダラムサラで暮らしている。ダライ・ラマ法王に関して、こう話した。「ダライ・ラマ法王は、大多数の人よりも、すべきことが多くありますが、それにもかかわらず、コンパッション(慈悲)を実践し、自身のストレスを軽減することができているのです。」と、チベットの混乱について言及した。

「私は世界中で、メディテーション(瞑想)から、言葉や思考や感情、そして行動にいたるまで私たちがすること全てのための、バランスや注意力、そしてリラクゼーションを教えています。」と、Dr. バリーは言う。「ダライ・ラマ法王は、まさしくそれらをマスターしている達人です。ダライ・ラマ法王は常に、極めて注意力がありながら、緊張感や硬さは全くない方なのです。かつ、完全にリラックスしているのです。そういう状態では、ストレスを感じることは本当に無いのです。」

The personal physician to the 14th Dalai Lama, Dr. Barry Kerzin, is an American-born Buddhist monk who is in Pittsburgh this week with a message of compassion.

“I would add that it is self-compassion because if we are not feeling good about ourselves and we are not feeling secure and safe and happy and free of anxiety and fear then it is very hard to go out and practice compassion to others,” he said during an interview Friday at the Omni William Penn, Downtown.

“We can still do it but we are not as effective,” he said. The idea is to become more whole, healthy, safe, secure and joyful in order to help others.
UPMC brought him in to share his knowledge with its health care professionals of dealing with what can be emotionally draining work. Dr. Kerzin is the founder and president of the Altruism in Medicine Institute and is the author of the new book, “No Fear, No Death: The Transformative Power of Compassion.” He will appear at a book signing at Barnes & Noble at the Waterfront in Homestead 10:15 a.m. Saturday.

His work with doctors, nurses, first responders, teachers and anyone who is dealing with people in trauma is aimed at preventing burnout and addressing accumulated stress in a healthful manner.

“One of the many reasons we invited him to Pittsburgh again is because we think it is important for our health care providers to be able to understand the difference between empathy and compassion, to learn how to cope with people’s pain as well as life’s stresses in this complicated world,” said Gina Pferdehirt, public relations director, UPMC Health Plan. “Many of the skills are transferable to the business community as well.”

During this visit, Dr. Kerzin will be conducting a workshop with Bill Strickland at Manchester Craftsman’s Guild in Manchester on Friday and will be doing a program on mindfulness for the business community 8 to 10 a.m. Wednesday at the Fairmont Pittsburgh hotel, Downtown.

“We have a program coming up where we will be training 7,000 UPMC nurses, and this year we are training about 1,000 in compassion, resilience and mindfulness,” he said.

Mindfulness helps people to stop undercutting themselves. Mindfulness is a way to look inward and recognize when you are using negative thoughts about yourself.

“One method of doing that is meditation,” said Dr. Kerzin.
“I think particularly nurses and to a large extent doctors feel overwhelmed,” he said. “They are dealing with people who are sick physically and often that translates into difficult emotional responses,” he said. “People are angry, scared and may feel victimized so there is a lot of negativity.”

Health care providers who have been taught to be empathetic are feeling the patients’ pain and anxiety. “This builds up day after day and leads to burnout, depression, drug and alcohol and relationship problems and even suicide — heath care providers have a higher rate of suicide than the general population,” he said.

His program teaches health care providers to go beyond empathy to compassion. “But not by closing our hearts,” he insisted. “We don’t adopt or own the other person’s pain, instead we practice compassion.”

Born in Hollywood, Calif., and raised in a Reform Jewish family, Dr. Kerzin still feels culturally Jewish, but it was the philosophy of Buddhism that resonated with his soul.

“There was not much talk about God, but we went to Temple on High Holy Days,” he recalled. “What drew me to Buddhism was the philosophy of life. It spoke to me,” he said.

His road to Buddhism began with a lifelong question that he starting asking when he was in grade school: “What am I doing here?”

He has lived in Dharamshala, the residence and headquarters of the Dalai Lama in northern India, since 1988. As for the Dalai Lama, Dr. Kerzin said, “He has more on his plate than most people, yet has been able to practice compassion and reduce his own stress,” referring to the turmoil in Tibet.

“I teach balance, alertness and relaxation for everything we do from meditation to speaking to thinking to feeling and movement in the world,” said Dr. Kerzin. “The Dalai Lama is a master at that. He is always extremely alert but not at all uptight. He is totally relaxed, so with that you can’t really be stressed.”

Video:https://goo.gl/1b4XLD