自身の「家」を整える

新型コロナ感染症パンデミックの期間、多くの命が破壊されています。

今こそ、自分たちのケアをしっかりすることがとても大切です。

他者へのコンパッション(慈悲)を実践するためには、まず私たち自身の「家」を整えなければなりません。

他者のケアをしようとするならば、我が家である自分自身をケアする必要があるのです。これは、自分に対する優しさを実践する、ということを意味しています。

それは、自分を非難しないこと。自分を息抜きさせてあげるという意味です。自分自身を抱きしめてあげることを意味します。

自己批判は手放すこと。自分を愛すること。自分自身を許すことを意味します。

すでにあるものに感謝すること。罪悪感を感じないということ。自分を軽蔑しない、ということも意味しています。

また不安と恐れを手放す意味もあります。

そして、日々、自分自身にも無条件の愛を向ける、ということを意味しているのです。

During this pandemic that is destroying so many peoples’ lives, it is very important to take good care of ourselves. In order to practice compassion for others, we must first put our own house in order. We must take care of ourselves if we are going to take care of others. This means practicing kindness to ourselves. This means not putting ourselves down. This means cutting ourselves some slack. This means hugging ourselves. This means letting go of self-criticism. This means loving ourselves. This means forgiving ourselves. This means being grateful for what we have. This means not feeling guilty. This means not disparaging ourselves. This means letting go of anxiety and fear. This means unconditional love towards ourselves, every day. Emaho!